すみれ奏へようこそ

『すみれ』に魅せられて出会ったすみれと鳥さんとベランダ住人とちしゃ猫のつぶやき♪

プロフィール

 ちしゃ猫

Author: ちしゃ猫

 
「日本すみれ研究会」は毎春神代植物園で「すみれ展」をしています♪

【スズメプロジェクト】

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

侘助メモ♪

     ワビスケの定義(草木図譜さんより)
剪定は開花後、3?4月(大きく切り詰める場合は2月?3月上旬が最適)

A.ウラクツバキ(‘タロウカジャ’=‘ウラク’)から生まれたものであること
 (ウラクツバキの子、あるいは子孫)。
B.葯(やく・雄しべの先端の花粉を作る器官)が退化して花粉を作らないこと
 上記のABを満たすものがワビスケと呼ばれる。

 
   なおツバキ(ヤブツバキ)にも同様に葯が退化したものがあるが、
   それらは侘芯(わびしん)ツバキと呼ばれ、
   ウラクツバキから生まれたワビスケとは区別されている。
   また‘クロワビスケ(黒侘助)’=‘エイラク(永楽)’
   のようにワビスケでも侘芯ツバキでもないのに「侘助」と呼ばれるものもある。

*またウラクツバキの血を引くと推測されることから
  ‘セイオウボ(西王母)’をワビスケに含める人もいるが、
  ‘セイオウボ’の葯は正常で花粉を生じる。従って‘セイオウボ’はワビスケとは言えない。

*「花が開ききらないのがワビスケ」などという人がいるが、
   これは正確ではなく、その特徴ではワビスケを明確に見分けることはできない。
   ワビスケの花は猪口(ちょく)咲きやラッパ咲きのものが多く、
   確かにユキツバキの原種のように平開咲きになることはないが、
   そこそこに開く。
   またワビスケではないツバキ(ヤブツバキ)の品種にも猪口咲きやラッパ咲きなど、
「  開ききらない」(?)花形のものは多い。


ワビスケの特徴
1.ワビスケの花は一般に小さく(極小輪?中輪)、一重・猪口咲きのものが多い(ラッパ咲きなどもある)。
2.雄しべが花粉を生じないのは定義に書いた通りだが、同時に雌しべも不稔か或いはきわめて結実しにくい。
3.やや早咲きになる傾向がある。
4.子房に毛があるものがある。
5.花にやや強い香りを持つものがある。


「侘助」という名の由来(複数の説を紹介する)
*「侘数奇(わびすき)」が転じたとする説
*文禄・慶長の役の際、侘助という人物が朝鮮半島から持ち帰ったからという説
  (『広辞苑』などはこの説を採用している)
*薄田泣菫が随筆『侘助椿』の中で以下のように書いている。
 「この椿が侘助といふ名で呼ばれるやうになつたのについては、
    一草亭氏の言ふところが最も当を得てゐる。
    利休と同じ時代に泉州堺に笠原七郎兵衛、
    法名吸松斎宗全といふ茶人があつて、
    後に還俗侘助といつたが、この茶人がひどくこの花を愛玩したところから
    いつとなく侘助といふ名で呼ばれるやうになつたといふのだ」
*その他、「千利休の下働きをしていた侘助という人物に由来する」などの俗説もある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ワビスケ‘コチョウワビスケ(胡蝶侘助)’ 
  開花は3?4月。極小輪・一重・猪口咲き。
  江戸期に「侘助」と呼ばれていたのはこの‘コチョウワビスケ’。
  生長した木では、正常な葯を持った大きい花も付けるようになる。
  子房にわずかな毛があるものと(ほとんど)ないものがあるようだ。

ワビスケ‘シロワビスケ(白侘助)’
  開花は11?3月。極小輪?小輪・一重・猪口咲き。
  花にはウラクツバキと似た香りがあり、子房に毛がある。
  シロワビスケは花弁に紅色の絞りが混ざることがあり、
  また枝代わりとして
  濃いピンク花の‘ヒナワビスケ(雛侘助)’
  や淡いピンクの‘ヘイセイワビスケ(平成侘助)’が生まれている

ツバキの育て方
  植え付け時期
    基本的に移植や植え付けが最適なのは8月?11月と2月?入梅までに行います。

植え付け用土
  水はけの良い、肥沃な土壌に高植え植えます。
  日当たりと風通しの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。


剪定方法
  強い剪定はあまりおすすめできません。放任して育てたほうが花がよく咲きます。
  無駄枝を間引く程度で通風と採光を良くする剪定にします。
  庭植えなどで、コンパクトに育てる場合は剪定は花後すぐに行います。

肥料
  1月ごろに寒肥として鶏糞を与えます。
  開花後にお礼肥えとして油粕と化成肥料を2握り程度与えます。

消毒
  初夏のもち病はダコニールを用いて駆除、チャドクガは捕殺するか殺虫剤で駆除します。
  病害虫が発生したらそのつど消毒を定期的に散布します。

Q: 「サザンカ・ツバキが咲かない!なんで?」
A: ツバキもサザンカも乾かすと花つきが悪くなります。
   ツバキは冬に乾燥させてしまうと、サザンカは夏に乾燥させてしまうと、
   花が上がらなくなるか、蕾が乾燥して死んでしまいます。
   水切れしたときは真っ先に蕾からやられてしまいます。
   西日が照りつけて良く乾く場所や、風の通り道など乾燥しやすいです。
   株元を敷き藁や何かで覆うなどのマルチングして防止しましょう。
   ツバキの場合は日照不足で花つきが落ちる場合があります。
   日照を改善してやると咲いてくるようになります。
   他には鉢植えの場合は4?5年すると根づまりして咲かなくなることがありますので、
   その場合は植え替えをして下さい。







△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

コメントが頂けるのでしたら☆こちら☆へお願い致します
すみれ湊本館も宜しく♪

宜しかったらフーの日記へもお越し下さい。


Theme:育成日記
Genre:趣味・実用

comments(-)|trackback(-)|鉢の木|2010-02-10_19:44|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。