すみれ奏へようこそ

『すみれ』に魅せられて出会ったすみれと鳥さんとベランダ住人とちしゃ猫のつぶやき♪

プロフィール

 ちしゃ猫

Author: ちしゃ猫

 
「日本すみれ研究会」は毎春神代植物園で「すみれ展」をしています♪

【スズメプロジェクト】

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

好きです スズメさん2


関東では穏やかなお元日を迎える事が出来ました。
相変わらずバタバタとしていましたが
あっと言う間に5日になってしまいました。
25G_6207.jpg
今年も良い年で有りますように


遅くなりましたが先日のスズメさんの続きです。
私にはやはり驚きのスズメちゃんです。

その2
1800万羽 平均寿命は1年
色合いは地味だが、ちょこまかした仕草が憎めない。
こんな」愛らしいスズメが国内にいったい何羽いるのか。
実はよく分かっていない。
人の住む都市へ進出した鳥に興味を持つ日本学術振興会特別研究員の三上修さん(34)は
この解明に挑んだ。
「ある種類の鳥がどのくらいいるのかなんて、ほとんど調べられないんです。」
と、三上さんが籍を置く立教大学の上田恵介教授。
ほぼ正確にわかっているのは
ヤンバルクイナ約 1千羽、アホウドリ約 2千羽など希少種が中心だという。
個体数を推定する方法には色々あるが、まず三上さんがやったのは住宅地、商用地、
農村部などの異なる環境ごとに生息密度を調べる事。
 1つの調査地は500メートル四方とし、
今年5?6月に秋田、埼玉、熊本の 3件で各環境数ヶ所ずつ、
計40ヶ所を歩いてしらべた。

巣の数に注目
 1わずつ数えるわけにもいかず、注目したのは巣の数。
スズメは繁殖期につがいで、瓦屋根のすき間や雨戸の戸袋の中、看板の裏、信号機など
主に人工物に巣をつくる。
餌はこびなどの行動を観察し、巣を見つける調査に当てたのは1 ヶ所で最大 5時間。
そんなに同じ場所で歩き回って怪しまれないかと心配すると
「街の中をボード片手に歩いている人がけっこういるというのも発見でした。」
ガスや電気の検針、地図の調査、住宅リフォームのセールスなどの人たちらしい。
調べた密度は、建物の周囲100メートル四方ごとに
住宅地4.9羽。商用地2.4羽、農村部4.6羽など。
そして全国土地利用がわかる地理情報システム(GIS)のデータを元に
日本全土の環境面積を求め、約1800万羽という数字をはじき出した。
「2?3倍の誤差はあるかもしれませんが、まずは求めた事に興味がある。」と三上さん。
日本野鳥の会自然保護室の山本祐さん(44)は
「人の近くの特性をうまく生かした推定だと思う。
数が示されてスズメへの感心が高まるといいですね。」と期待する。
もっともこれはあくまで繁殖期をむかえたスズメの数だ。
ヒナは 1つの巣から2?5羽ほど巣立ち、
1シーズンに繁殖を2度、3度と繰りかえすつがいもいる。
夏になるとその年生まの子スズメも加わり、この何倍かの数が群れ飛ぶ事になる。

越冬で生活力
自然界のスズメには 8年程の長寿記録もあるが、平均寿命は1年程度とされる。
暴風雨で木から落ちたり、タカやカラスに食べられたり、餌不足で餓死したり・・・・・
「巣立ったスズメの大半が1年たたずに死んでいく。」と
都市鳥研究会代表の唐沢孝一さん(65)が話してくれた。
一茶が詠んだのも親からはぐれた子スズメだった。
「冬を一度越せれば知恵がつき、強く生きながらえるようになる。」
来年のスズメたちには、どんな春がめぐってくるのだろうか。

その3
気になる「イエスズメ」の進入
スズメは全長14.5センチ、体重25グラムほど。
日本のほかユーラシア大陸にも広く住む。
仲間のスズメ属の鳥は世界に約25種。その中でスズメは雌雄の体色が同じで
見わけにくい「珍しい種類」(日本野鳥の会の安西英明・首席研究員)だという。
日本にもいる「ニュウナイスズメ」は、雄の頭や背中が赤栗色なのに雌は緑褐色で違いがある。
国内でもう1種類記録があるスズメ属は、欧州を中心にユーラシア大陸に分布する
「イエスズメ」
スズメ研究者の佐野昌男さんが1990年に北海道・利尻島で始めて確認した。
その後も積丹半島(北海道)や舳倉島(へぐらじま 石川県)などで見つかり、
スズメとの間に雑種が生まれた事もあるが、まだ国内に定着してはないようだ。
「イエスズメ」も住み家は人家近く。
最近、欧州ではその減少が話題にのぼっているが、
イエスズメが日本に定着した場合、スズメとの競合が起こる事が心配されている。
 

スズメ 雀
その辺に普通にいくらでも居ると思っていたら
スズメまで住みづらい環境になっていたとは・・・・
これもやはり驚きでした。





△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

コメントが頂けるのでしたら☆こちら☆へお願い致します
すみれ湊本館も宜しく♪

宜しかったらフーの日記へもお越し下さい。


Theme:野鳥大好き♪
Genre:趣味・実用

comments(-)|trackback(-)|スズメッチ|2009-01-05_16:15|page top