すみれ奏へようこそ

『すみれ』に魅せられて出会ったすみれと鳥さんとベランダ住人とちしゃ猫のつぶやき♪

プロフィール

 ちしゃ猫

Author: ちしゃ猫

 
「日本すみれ研究会」は毎春神代植物園で「すみれ展」をしています♪

【スズメプロジェクト】

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

09.01.17.地域観察会 1(植物)

写真をクリックすると大きくなります

2009年 最初の「地域の緑を守る観察会」がありました♪
花は咲いていないと思いきや
もう春が待ち遠しい梅が沢山咲いていました
枝垂れ梅
25G_6528.jpg 25G_6531.jpg

紅梅と青梅(と農家の方が言っていました)
15G_6534.jpg 25G_6536.jpg

立派な枝ぶりの老木           アオキの実
25G_6544.jpg 20G_6547.jpg

ウグイスカグラ
20G_6524.jpg

冬のオオハナワラビ
先の黒っぽい所が胞子だそうです
25G_6517.jpg

臘梅の周りはとても良い香りがしてました♪
25G_6568.jpg 25G_6567.jpg

だいぶ枯れてますが なかなか見られない臘梅の実です
25G_6577.jpg

なとかツタとテイカカズラの葉
3枚に分かれているのがツタ 細長いのがテイカカズラ
17G_6549.jpg

テイカカズラの葉とサヤ
25G_6550.jpg 25G_6548.jpg

サヤの中の種子 フワフワと飛んで行きます
ねじれるのはまだナゾだそうです
20F4257.jpg 20F4255.jpg

※テイカカズラ
藤原定家からその名がついたそうです
なんでも石碑に巻き付いていたとか・・・・

飛んで行くのはイヌシデの実も同じです
2センチ足らずの葉の付け根に種子が付いてます
20G_6593.jpg




虫の嫌いな方はここまででお願いいたします
大きなカブトムシの幼虫等を載せています















最後に落ち葉を掘り起こして
落ち葉を土に返してくれる、無くてはならない虫さんたちです
嫌われ者のダニも人に危害を加えるのはほんの数種類で
殆どが地球に優しい働きをしてくれているそうです

掘ったらゴロゴロ出てきたカブトムシの幼虫
重たいほど大きかったです♪
25G_6580.jpg 25G_6585.jpg

成虫のまま暖かい腐葉土の中で越冬する蛾(名前は分かりません)
20G_6587.jpg

シデムシ
20G_6588.jpg

掘り起こしてみつけた虫たちはこの他に
蛾の幼虫、ムカデ、カメムシ、ミミズ、ハサミムシ、
カタツムリの稚貝(幼虫とは言わないそうです)

観察した花の咲いた植物、実を付けていた植物は
22種類あったそうです




20G_6593.jpg

イヌシデの実は
次の「観察会 2 (鳥さん)」に続きます♪






△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△

コメントが頂けるのでしたら☆こちら☆へお願い致します
すみれ湊本館も宜しく♪

宜しかったらフーの日記へもお越し下さい。


Theme:散策・自然観察
Genre:趣味・実用

comments(-)|trackback(-)|メタボリングとウオーキング^^ゞ|2009-01-18_16:59|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。